2009年06月22日

奇門遁甲 実例@

車購入値引交渉

梅雨に入って湿度が急激に上がっています。
こんな時は陽宅風水が効きにくいので
奇門遁甲で行動して開運した方が早いですね。

けれども、以外に使いこなせていない方が多いので
実際に生活において、どのように取り入れれば良いのか、
実例を交えてご紹介していきたいと思います。

ちょうど、国のエコカー補助金精度の申請受付が
19日に始まって、新車を購入する方も多くなってきました。
我家も先日、この制度を利用して購入費用を抑えるべく
ディーラーとの値引交渉に奮闘していました。

購入しようと計画したのはトヨタの新型プリウスです。
この車、値引きをなかなかしてもらえないとの事で知られています。
友人の紹介でA店に見積もりを出してもらった際にも
オプションから6万円引きが精一杯と言われました。
それでも良いと思っていたのですが、最終段階で
今乗っている12年目の車を買い取ってもらえない事が判明したので、
この交渉は残念ながら終了してしまいました。

私の家の場合、来年に車検を控えており、
どうしてもこの時期にプリウスを購入しないと
損であることが本筮易のリーディングでもわかっていたので、
各販売店の担当者を調べ、相性の良い人にターゲットを絞り
交渉を始めた所、オプションから6万円引き、
その上で今乗っている車も7万円で買い取ってもらえる事に
なりました。この時点で7万円の得になります。

さて、奇門遁甲をこの値引交渉に使用して
自分が有利になるようにするには、
「最終段階の契約時」に即効性のある時盤を使用します。

例えば、○日の13時から交渉をする計画を立てた場合、
その店に行く前に吉方位に滞在し、
その後何処にも寄らずに交渉する店に向かうのです。

実際に計画する時には、はじめに
数日の中で「最も交渉に有利になる日時」を探し、
その直後に交渉を始められるように段取りを立てます。

では、我家の値引交渉の結果はどうなったのでしょうか?

当日、私と主人は車で吉方位の西に向かい15分滞在した後、
交渉するB店に何処にもよらずに行ったところ、
オプションからの値引が3万円アップ!しました。
下取りと合わせて16万円の得になったのです。

はじめに交渉していたA店とB店の差は10万円でした。

このように、まず相性の良い人を選び、
その上で奇門遁甲を使用すれば、
お互いにメリットのある交渉をすることができます。
参考にしてみて下さいね。
posted by 仙台の占い師 静音 at 19:01| 占術のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする