2009年02月24日

アメリカの今後を占う

梅花心易

世界に対して影響力の大きいアメリカのことですから、
この不況の中、やはり気になっておりまして、
1月のオバマ大統領の就任演説の際に易を立てました。
もう随分前になりますが、参考になればと思います。

1月21日の就任演説は予定時刻より5分遅れて始まったので、
その点に注目して梅花心易の易卦を立てました。

すると上図のように卦を得ることになります。

この得卦を見ますと、
人気もあり支持率も高いオバマ大統領なのですが、
あまりにも背負ったものが大きすぎるようです。

本卦の地火明夷は体の坤を用の離が相生しますが、
あまりにも卦の意味が悪い・・。
よって、よく考えられた対策がなかなか功を奏さない、
という判断になるかと思います。

体の坤は民衆で、離の政治や法に助けられる形には見えますが、
互卦と之卦では2つの震に尅されてしまうからです。

震は何を示しているのでしょうね・・。
一番は問題となっているビック3、車の企業の再建でしょう。
卦も雷水解ですし、政府は倒産させないようにする方向です。
1社でも倒産すれば300万人が失業するそうです。
ケタが違います・・。

結局、倒産させない為に巨額の公的資金が流れるのですから
その重荷を民衆がずっと背負っていくのです。
之卦は地雷復でくり返しの暗示。
アメリカは過去と同じ過ちをくり返して、
その度に民衆が損害を受けることになるのでしょう。

変爻が3爻についていますから、今年の卯月に
再度株価が下がるのかもしれません。

当然ながら日本社会もこの影響を受けますから、
不況が続くことを覚悟しなければならないのですね。

このような厳しい状況で人はお互いに助け合いの精神や
本当の愛というものを考えさせられているのかな、と思います。

2009年5月1日追記

米自動車大手クライスラーが4月30日に破産申請
フィアット傘下で再建をし、米政府が最大80億ドル支援

ラベル:梅花心易
posted by 仙台の占い師 静音 at 23:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする